続・DC弁理士ジャーナル

創英国際特許法律事務所からワシントンDCの法律事務所に
派遣された弁理士によるブログの続編です。
BBQ

7月15日〜10月9日までの約3か月間、ワシントンDCに駐在しております内藤です。

駐在生活の様子をたまにアップしていきたいと思います。宜しくお願いします!

 

DC駐在中には、米国のアトーニーから様々なイベントのお誘いを受けます。

すごくいい経験ですので、仕事等で参加が難しい場合を除き、積極的に参加することにしています^^

 

先日は、駐在先のアトーニーの家で開催されたBBQに参加しました。

まずは、家と庭の大きさに驚きました。

この日は20名ほどの参加者がいましたが、倍の人数がいても全然問題なさそうです。

 

ホスト役のアトーニーの方をはじめ、米国の方のBBQスキルはすさまじく高いですね。

自身を戦力外と判断し、片づけで活躍しようと思いましたが、ホスト役のアトーニーの方の奥様に断られてしまいました。

米国で、「お・も・て・な・し」の心を勉強したように思います。

 

会の終盤に、誕生日の方をお祝いするためのケーキが登場したのですが、

見たことのない包丁(?)が出てきて驚きました。かっこいいですね。

ケーキ専用のカッターだそうです。

米国では日本よりもケーキを食べる機会が多そうなので、需要があるのかもしれません。

 

随所で日米の文化の違いを感じることができ、とても楽しい会となりました。

 

 

 

| 日常 | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
July 4th

7月4日は米国の独立記念日です。この日は、あちこちでイベントが開催されます。ワシントンDCでは特に夜の花火が有名です。

 

せっかくの独立記念日ということで、ナショナルモールで行われたパレードを見に行きました。パレードは11:45〜14:00の間、ナショナルモールの北の通りを東から西にゆっくりと進む形で行われます。

 

動物(犬)や国旗を模ったバルーン、ミス・メリーランド州、ファンシーなステージ上で美声を響かすシンガー、宗教団体(?)等、良く言えば観客を飽きさせない様々な種類の(悪く言えば統一感のない・・・)パレードを楽しむことができました。メトロのスミソニアン駅で降りて少し北に歩けばパレード会場に到着します。また、この日の天候は曇り時々雨とあまり良くなかったこともあってか、それほど混雑しておらず、子供連れでも安心でした。

 

 

 

 

パレードをひとしきり楽しんだ後は、花火目当ての観光客で混雑する前にDC中心街から退散しました。そして、夜は、アーリントン墓地の北側で少し小高くなっている硫黄島メモリアルと呼ばれる広場から花火を鑑賞しました。この広場は、それほど混雑せず、遠景から花火を楽しむことができるちょっとした穴場的な鑑賞スポットになっています。この日は悪天候にもかかわらず、結構な数の観客が花火開始時刻の約1時間前から花火の開始を待っていました。

 

 

花火は9時10分頃から約15分間連続で打ち上げられました。

 

 

あいにくの空模様で、空高く上がる大型の花火はほとんど雲に隠れてしまって見えませんでしたが、個人的には、もうすぐ1歳になる娘がドーンという大きな音とともに空を鮮やかに染める生涯初の花火を興奮気味に楽しんでくれたので、雨の中わざわざ来た甲斐があったと、満足して帰路に着きました。

| エンターテイメント | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
BOCCE

先日、駐在先の事務所のBOCCE大会に参加しました。駐在先の事務所では、ロースクールの学生がサマーインターンにやってくるこの時期に、毎年BOCCE大会を開催しています。

 

BOCCE(ボッチェ)は、イタリアで始まった玉転がしゲームです。詳細を省いて簡単にルールを説明しますと、赤色のボール4つを手玉に持つ赤色チームと青色のボール4つを手玉に持つ青色チームとに分かれて、所定の順番で手玉のボールを投げ合います。最終的に的(手玉のボールよりも少し小さい黄色のボール)に最も近いボールの色のチームに点数が入ります。的に近付くようにボールを投球する以外に、相手のチームのボールをはじいて的から遠ざける、的自体(黄色いボール)をはじいて自チームのボールに近付ける、といった様々な戦略があり、単純ながらもなかなか奥が深いゲームです。

 

BOCCEは、土の上でも芝生の上でも基本的にどこでもできますが、駐在先の事務所の屋上には、本格的なBOCCE専用フィールド(長方形状の赤土のフィールド)が設置されています(下記写真)。

 

 

なお、駐在先の事務所は来年移転を予定していますが、移転先のビルにもBOCCE専用フィールドを設けるようです。「移転先のビルにもBOCCE専用フィールド作るの?」という私の質問に対して「そんなの当然じゃないか!我々はみんなBOCCEが大好きなんだ!」と一蹴されました。BOCCEに対する並々ならぬ意気込みを感じます。

 

駐在先のBOCCE大会は、1チーム2人でエントリーします。下記2つの写真は、私の頼れるチームメイトのスーパーショットの前後の写真です。上の写真は投球直後のチームメイトです。下の写真は的に接触するかしないかのスーパーショットを放った後「まあ、こんなところか・・・」と貫禄の立ち姿を見せるチームメイトです。

 

 

 

私も頑張りました!

 

 

写真を見ると、金魚に餌をやるようなフォームでぱっとしませんが・・・、実際はそれなりに良い投球となりました。力の入れ加減が難しいのです。上記写真の右側に映っている女性二人組は、対戦相手のインターン生2人組です。白熱した試合展開になりましたが、我々のチームは見事勝利しました!・・・しかし、その次の試合では惨敗し、我々のチームの夏はあっけなく終わりました。でも悔いはありませんので、赤土は持ち帰りません(笑)

| スポーツ | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LAWERS HAVE HEART
先日、LAWERS HAVE HEARTというファンランイベントに参加しました。このイベントは、DCの弁護士及びその家族(ペットもOK)が主に参加するイベントであり、ジョージタウン付近で毎年開催されています。私の駐在先の事務所でも、数十名の弁護士がこのイベントに参加するとのことで、今回私も特別に駐在先の事務所のチームメンバーの一員として参加させてもらうことができました。「5km」と「10km」を選択できるのですが、私は「10km」を選択しました。



下記写真のように、多くの法律事務所が、事務所毎のチームTシャツを作って参加していました。



道中、ストローラー(ベビーカー)を引いて子供と一緒に走るランナー(下記写真)をちらほら見かけました。こちらでは、このレースに限らず、ストローラーを引きながらジョギングしている人をたまに見かけます。ストローラーを引きながら走ることについて、ちょっと心配になるかもしれませんが、米国のストローラーは日本のものと比較して大型で安定しているため、特に問題はない(?)ようです。



日頃の運動不足のせいで脚が痛くなりましたが、なんとか完走できました。下記写真はゴール直前のものです。ガッツポーズをとっているのが私です。



レース後は、妻と娘を連れて駐在先の事務所の方の新居に訪問し、ブランチをご馳走になりました。イベントを楽しみつつ、駐在先の人達と家族ぐるみの交流を図ることができ、充実した休日となりました。


 
| 日常 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
DCアゲイン
4月25日からワシントンDCでの駐在生活を開始している岡です。
このブログを楽しみにしてくれている読者の方には、ブログ更新が遅くなってしまったことをお詫びいたします。

私は2年前に1カ月DCに駐在しておりますので、今回は2度目のDC駐在となります。DCの様子は2年前と比較してそれほど大きく変わっていないように感じますが、街を歩いていて、2年前と同じだと懐かしく感じることもあれば、「本屋がなくなってる!」等と2年前との違いを感じることもあり、なかなか新鮮です(頼りにしてた大きな本屋がなくなってた時は、新鮮さを感じるよりもがっかりしましたが・・・)。

それはさておき、6月6日から2週間、私はBSKBセミナーで米国特許実務について学んできます。学んだ知識については、通常の業務においてしっかりと役立てたいと思います。

| 渡米 | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Happy Star Wars Day!
みなさま、スターウォーズのとても有名なセリフ
"May the force be with you"
を覚えていらっしゃいますか?

このセリフにちなんで、今日は、スターウォーズデーなんです。
なぜなら、今日は、5月4日で、May the fourthですから!!


https://www.facebook.com/MASNNationals/photos/a.138485216219462.27483.123847111016606/
1023821934352448/?type=3&theater

この↑写真は、ワシントンDCのメジャーリーグの野球チームであるWashington Nationalsのfacebookに載ったものですが、ダースベーダが野球場に来てたようですね。
参考までに、今日来たわけではなく、この写真は少なくても去年以前のものです。
なぜなら、本日は、Washington NationalsがKansas Cityに遠征に行って、Kansas City Royalsを13:2で大破したとても嬉しい日だからです。

ところで、メジャーリーグの野球場のスポンサーは時々変わる物でして、上記写真の後ろに見えるRed Porchは今年からはBudweiserに変わっています。
更に、去年までは、Washington Nationalsが7点以上で勝つと、Papa Jone'sピザが半額になるというとても嬉しいおまけがありましたが、今年からはPapa Jone'sピザがスポンサーをやめてしまったので、その嬉しいおまけもなくなってしまいました。

ちなみに、この記事をお読みになってお分かりだと思いますが、私はWashington Nationalsのファンです。
| 日常 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
USPTO & King St-Old Town Metro Station
今週は、USPTOに行って来ました。
最近、アジア方面での出張が多く、アメリカで過ごした時間が少なかったので、USPTO訪問もだいぶ久しぶりでした。
あいにく小雨の後の曇りの天気でしたが、USPTOを構成する5つの建物、そしてそれらに囲まれた中庭のような空間は、相変わらず私のお気に入りです。



ところで、USPTOは、地下鉄blue lineまたはyellow lineKing St-Old Town駅から、徒歩7〜8分ぐらいの所に位置しています。



駅の名前が載った看板の後ろに見える建物は、George Washington Memorial Masonic National Memorialであり、アメリカの初代大統領であるGeorge Washingtonの記念館です。

USPTOに行く度に、一度は言ってみようとしていますが、なぜか今まで一度も行けていません。
というのも、USPTOに行く日は必ず平日なので、USPTO業務が早く終わっても、観光して帰るわけにはいかないですね 笑

今日からは日本がゴールデンウィークになるので、週末にでも言ってみたいと思います。

ちなみに、以下のGeorge Washington記念館のホームページには、フリーメイソン関連の説明もあります。
フリーメイソンは、小説や映画のダビンチコードで取り扱われた少しは変な(?)イメージがありますが、実は、George Washingtonは最も成功したフリーメイソンのメンバーの一人だそうです。
http://www.gwmemorial.org/
 
 
| 特許 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
USPTO lunch seminar
毎月の第2火曜日の正午から午後1時までは、USPTOでランチセミナーがあります。
Patent Quality Chatという名前のシリーズですが、
月1回なので、更にウェブで見れるので、
オフィスでランチしながら聞いても大きな負担にはなりません。

今月のトピックは、First Inventor to File (FITF) Patent Prosecutionでした。


AIAによりアメリカも世界のその他の国に合わせて先願主義(先公開主義とも言えます。)になりましたが、
今回のセミナーでは、全般的な説明とともに、2015年までの統計を見せてくれました。



2013年にAIAが本格的に施行されてから3年ほど経っていますが、
その間に係属件数の半分ぐらいがAIA出願になっていますね。
なお、FY2016(thru Nov)は、2015年11月までの統計、との意味です。

ご興味のある方は、下記のページで一般公開されていますので、ご参照ください。
http://www.uspto.gov/patent/initiatives/2016-patent-quality-chats
上記イメージの出処でもあります。
 
| 特許 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big snow in DC
先日は、私が駐在しているワシントンDCエリアを含め、アメリカ北東部に記録的な大雪が降ってきました。
私は一応雪がよく降ってくる地域出身なので、雪には慣れていると思いますが、さすがにここまでの雪は初めての経験でした。
金曜日の午後一から降り始めた雪は、36時間も降り続け、結局土曜日の深夜に止みました。
ホワイトハウスは33センチ、ダレス空港は72センチも降ってきたのです。
ミュリエル・バウサー(Muriel Bowser)ワシントンDC市長は何回もテレビに出ていて、外出を避けるよう、市民に呼び掛けていました。
メディアでは、今回の雪をSnowとGodzillaをあわせて、Snowzillaとも呼んでいました。



DCはもう銀世界でしたね。
真っ白でみえませんが、写真の向こうがDCです。
 
| 日常 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Powerball
ニュースなどでご存知かと思いますが、先週、アメリカは、Powerball旋風に包まれていました。
去年の11月から1等が出ず、当せん金が繰り越され、1等賞金額が史上最高の15億ドル(約1761億円)にも膨れあがっていたのです。
15億ドルなんて、想像がつかない数字ですね。

私がいつも使っているPentagon City駅には、この↓ような看板があります。

当せん金を知らせる看板ですが、この写真は1等が出る10日ぐらい前のものです。
既に7億ドルになっており、これでもすごい数字ですが、これが毎日膨れあがり、写真はありませんが、結局この数字は999になっていました。
桁が3つしかないため、10億ドルを超えた時からはもう書けなくなったのです。

私は普段宝くじはしませんが、今回ばかりはやってみました。
アメリカの多くのスパーやコンビニには、この↓ような自動販売機があり、いろんな種類のくじを簡単に購入することができます。


結局、1等賞のくじは、カリフォルニア州、テネシー州、フロリダ州で1枚ずつ売れたそうです。
その中で、1等賞のくじを売ったカリフォルニア州のとあるセブンイレブンはニュースでも大きく取り上げられていました。
くじを買った人だけではなく、1等賞のくじを売った販売所も結構な賞金をもらえるらしいです。

ところで、アメリカでは(少なくともカリフォルニア州では)、法律上、1等当せん者がだれかを特定して公開しないといけないそうです。
不思議というか、ちょっと心配なルールのようにも思われます。


 
Check
| エンターテイメント | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ