続・DC弁理士ジャーナル

創英国際特許法律事務所からワシントンDCの法律事務所に
派遣された弁理士によるブログの続編です。
<< DC中心部を歩く。 | main | ミネソタに行ってきました。 >>
Valentine's Day
2月初めから、約1ヶ月間の予定でDCに滞在している木津正晴と申します。早いもので、寒い寒いと言っていたらもう日程の半分が過ぎていました。

DCは本当に寒いです。今日もせっかくの土曜日のValentine's Dayだったのですが、最低気温マイナス10℃、最高気温マイナス5℃で、外に出ると吹雪が吹き荒れており、目を開けていられない程でした。

そんな訳で、今日はアパートの中で過ごしていました。アパートの中にはジムスペースがあり、色々な運動器具が置いてあります。日本では一部のマンションにしか設けられていないと思いますが、米国代理人に尋ねたところ、アメリカでは一般的なマンションにもよくあるとのことです。設置されている器具は、日本のジムで見かけるものと同様のランニングマシンなどです。


IMG_2313.JPG

人気のないValentine's Dayのジムで黙々と走っている間、「何だか最近こんなハンドルを見たような気がするな〜」と思っていたのですが、なかなか思い出せず、休憩中にこちらを見て気が付きました。

IMG_2308.JPG

Nautilus、昨年出された記載要件に関する最高裁判決の被疑侵害側の会社の製品のようでした。実際の係争における被疑侵害物品までは把握していないのですが、問題の特許には、取っ手のような形の心拍数モニタや、心拍数モニタが搭載された自転車型の器具が図示されていました。少し前に米国代理人に判決の内容を解説してもらったばかりだったので、個人的にとてもタイムリーでした。


無題.png

nautlius.png


よく見てみると、ジム内のすべての器具がNautilus社製のようでした。仮に、こんなに多く流通している製品が侵害と判断されると、損害も多大な額に昇りそうです。ひょんなことから、判決にでてきた会社の製品に出会いました。これからジムに行く度に、明確にクレームを記載することの大切さを思い出すことができそうです。
| 日常 | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://dc2patent.jugem.jp/trackback/547
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ