続・DC弁理士ジャーナル

創英国際特許法律事務所からワシントンDCの法律事務所に
派遣された弁理士によるブログの続編です。
<< クリスマスシーズン | main | Welcome back to Washington, D.C.! >>
Patent Quality Conference

こんにちわ。

 

先日、USPTOで開催されたPatent Quality Conferenceに参加してきました。特許庁における審査の品質向上のための活動についての報告、また意見交換のためのConferenceです。日本特許庁でも審査の品質向上のための活動がなされていますが、同じような活動とみることもできそうです。

 

前半は、Clarityを理由とするオフィスアクションに関する品質向上のための活動が進められており、品質向上が図られてきているという報告でした。後半では、米国特許庁、欧州特許庁、CAFCの判事、大学教授、企業などの異なる立場の知財関係者が参加したパネルディスカッションがあり、種々の意見を聞くことができ、学ぶことが多かったように思います。

 

 

US案件を取り扱われる方の中には種々のご意見があると思いますが、今後も継続的な品質向上の活動が展開されていくとのことですので、経過を注目していただくのもよいかと思います。

 

(上記写真と同じUSPTO内のツリーですが、午後に訪れた際には、手前でトナカイの着ぐるみを着た方が楽しそうに、なにやら準備をされていました。)

| - | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://dc2patent.jugem.jp/trackback/602
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ