続・DC弁理士ジャーナル

創英国際特許法律事務所からワシントンDCの法律事務所に
派遣された弁理士によるブログの続編です。
<< Japan week | main | NIH >>
Visit to Boston

先週前半に古都ボストンを訪問しました。ボストンは前職時代に3年間住んだことのあるゆかりの地でして、今回6年半ぶりの再訪となりました。

 

まずは、ボストン市内から約50キロ北に行った林の中にある、かつての駐在先の研究施設を訪問しました。この辺りはシカや七面鳥などが姿を現すこともあり(今回は残念ながら出会えませんでした)、今年は遅れ気味とのことなのですが、例年ですとこの時期は紅葉がとてもきれいです。自然に囲まれたなんともうらやましいこの研究施設の中に知財部門がありまして、かつての同僚と思い出話や今の話をしながら旧交を深めました。もちろん、それだけではなく、事前に依頼されていたプレゼンを行い、急遽受けた日本の実務に関する相談についても対応してきました。

 

 

その後、ボストン市内にある複数の特許事務所を訪問しました。ボストン周辺はハーバードやMITなどの大学、医薬・バイオテクノロジー系研究機関や企業が集積している地域でして、土地柄医薬・バイオを得意とする特許事務所も多く、今回の訪問先もそういった事務所でした。ボストンのダウンタウンはコンパクトで、「フリーダムトレイル」と呼ばれる歩道を散策すれば、歴史的な建物や史跡などおもな見どころにアクセスできるのですが、私の場合は古い街並みと新しいビル群が融合した景色を楽しみながら、「ローファームトレイル」を散策し、訪問先の事務所をすべて徒歩で回りきりました。

 

地元のシーフードもしっかり堪能し、充実したボストン訪問となりました

| - | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://dc2patent.jugem.jp/trackback/619
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ