続・DC弁理士ジャーナル

創英国際特許法律事務所からワシントンDCの法律事務所に
派遣された弁理士によるブログの続編です。
<< アメリカンスポーツ! | main | 駐在生活の最後に・・・ >>
Library of Congress

熊谷です。

 

3月も終盤となり、ワシントンDCもようやく春らしい気候になってきました。街中の桜も咲き始めています。

桜祭りも開催されることもあり、この時期のワシントンDCは、一年のうちで観光客が最も多く集まる季節だそうです。

DC市内を散歩するにはよい季節となりました。

 

さて、DC市内を散歩していると、そこはさすがアメリカの首都、多くのクラシックな建築物を見ることができます。今回は、世界一のコレクション数を誇る議会図書館(Library of Congress)の見学ツアーに参加しました。

図書館とは思えないクラシカルな外観です。場所はキャピトルヒルにあり、国会議事堂や最高裁判所の近くです。

中に入ると、、、

これまた図書館とは思えない、荘厳な内装です。実際ここには、書籍だけでなく、写真、楽器、地図、マイクロフィルムなど様々なものがコレクションされており、さながら博物館といったところです。

 

写真は載せられませんでしたが、閲覧室の雰囲気も圧巻でした。このような雰囲気で読書などをしたら調べものもはかどるのでしょうか?見学ツアーではなく、実際に図書館を利用してみたいと思ったのでした。

| 日常 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://dc2patent.jugem.jp/trackback/645
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ